脱毛サロンで使っている脱毛機のクオリティについて調べたところ、照射ヘッドの種類が機械のクオリティに多大なる影響を与えているようだ。
脱毛サロンの光脱毛機で有名なDEKA社のヘッドはIPL式脱毛機を採用しているため全身のコースの料金が非常に安くなっている。
もともと料金プランが複雑だということが脱毛サロンでは常識であり、非常に墨客られた感があるのだけど、この技術革新によって非常に半から脱毛ができるため、そのような横着な商売はできなくなってきている。
そもそも脱毛とは毛が抜けるようにすることである。
どこの毛を抜けるようにするかといえば、鼻の周辺が一番気になるので、底をピンポイントで脱毛すると非常に安価で魅力的な人間に見える。
自分で鼻の下の毛を抜くと非常に痛いので、こういうところは脱毛サロンでレーザーでも当ててもらおう。

そういえば、スーパー脱毛とかいう、怪しげな冷たいジェルを塗らない脱毛が巷ではやっているけど、実際の内容はハイパースキンカレンやSHR式脱毛機など新しい理論には到底及ばない非常にチープな施術であることには違いない。

一番確実に効果があるのは、連射式の脱毛ヘッドを鼻下に数回当てることだ。
それ以上でもそれ以下でもない。

簡単でチープな脱毛


FDA(米国食品医薬品局)によれば、以上的な方法を使った脱毛以外は、普遍性を認めないそうだ。

ライトやジェルに違いを求め、差別化を図る方向性を見失ったサロンで使っている機械というのは、見かけだけは立派でも、中身の電子機器は医療用グレードではない。

ぶっちゃげると、高校生が遊ぶおもちゃのようなものである。

または中学生が手にする100均のコスメのようなものでもある。

今までの常識では、毛根のメラニン色素に反応する光を照射するレーザー器具を使った全身脱毛を行う方法であごの永久脱毛だけをやっていればよかった。

しかし最近では、男性のVIOの脱毛に対する要望が非常に増えている。

もみあげと頭髪の毛の境の認識の違いから、客側からしてみれば髪の毛を脱毛されたと勘違いしフレームをつけるケースがあるので、非常にデリケートな問題である。

脱毛機ルネサンスの新機能は毛根にある毛乳頭に熱ダメージを与えるけど、効率的にそれを行うため、毛が抜けるにもかかわらず、皮膚にやけどを負う確率が少ない。

毛穴の内側をおおっている毛包に対して効率的に働くことが最近の照射ヘッドに求められている。

店を探す注意点


銀座カラーという老舗サロンに対して美容電気脱毛を提供しているメーカーからいえば、毛周期に関係で予約の枠を作成しているにもかかわらず、それを無視する予約を入れる客に限ってクレームが多いという。

そもそも、計画的に脱毛を行わなければ、脱毛は不十分でまた毛が生えることも十分あり得る。

しかし、水酸化ナトリウムを利用してさらに効果を高めた脱毛方法までも取り入れているため、メラニンに反応させることが容易になった。


男性の剃りにくい場所といえば、足回りだけど産毛まで脱毛することで、5万円追加料金を請求できるのでかなりもうかっている。

日焼けしている肌に対してフラッシュが相乗効果を働き、さらに早く毛を抜くことが可能だ。

もしも、安心できる店舗で光脱毛を行いたいのであれば、予算として\400000以上必要になる。

そんなことできないなら、痛みを覚悟してバルジに作用するニードル脱毛を手っ取り早くやった方がいい。

普遍性のある脱毛

レーザー脱毛機で毛を1本ずつつまんでから脱毛するよりも、施術後のあとの肌は非常に悲惨な状態だけど、単発脱毛だけあって一本一本の毛根に与えるダメージがすさまじい。

なんたって、皮膚に針を刺すという過激なことを行って、毛が抜けるのだからさすがに永久脱毛の定番といえる。


男性専門の竿脱毛が受けられるクリニックならコチラです↓